FC2ブログ

→富岡製糸場→伊勢崎→日比谷 しょの7『富岡製糸場の参「操糸場」』

2017年10月14日
群馬県富岡市にある世界文化遺産
富岡製糸場に来ておりまつ(・Д・)ノ
富岡製糸場
ガイドツアー、東置繭所の外観と
概要の次は
東置き繭所のお隣の建物
操糸場に案内されますた( ̄^ ̄)ゞ
富岡製糸場
操糸場の屋根は蒸気を逃がすため
越屋根(こしやね)と呼ばれる
小さな屋根を屋根の上に重ね置いた構造になっており
富岡製糸場
富岡製糸場
窓は回転窓になっていたそうでつ
富岡製糸場 操糸場
明治5年当時は自然光を採光して
作業をしていたんでつって~(*^_^*)
富岡製糸場 操糸場
明治5年ぢゃ電燈無いもんね・・・・
ぢゃあ、夜は作業してなかったのかな?
富岡製糸場 操糸場
この富岡製糸場で働く女工達の年齢は
15~25歳で
近代産業教育を施され
技術を学んだ後
各地の製糸場、たとえば郷里の製糸場に派遣され
その製糸場の女工たちを
指導教育する使命を帯びていたんだそうで
そういう意味でも別格の製糸場だったんでつね~
富岡製糸場 操糸場
操糸場に入ると
富岡製糸場 操糸場
当時の機械がそのまま残されて保存されていまつ・・・
富岡製糸場 操糸場
これは、この製糸場の
製糸場としての最後の持ち主であった
片倉工業が平成17年に富岡市に譲渡するまで
富岡製糸場 操糸場
捨ても売りも破壊もせず
建物と共に置いておいてくれたもので
富岡製糸場 操糸場
しょのおかげで、
今、こうしてみんなが見られる訳で
富岡製糸場 操糸場
そのままとっておいた。というのは
出来る様でなかなか出来ない
大変な偉業だと思いまつ(*^_^*)
この、そのまま残っている。ということが
評価されて世界文化遺産になったのでつから
残す。ということが、どんなにか大切か。というのが
染み入りまつねえ~(*´v`)
富岡製糸場 操糸場
ちなみに・・・
富岡製糸場 操糸場
この型の操糸機は
富岡製糸場 操糸場
インドの田舎などでは
今でも現役で
富岡製糸場 操糸場
糸を繰り続けているそうでつお?
富岡製糸場 操糸場
優れた機械っていうのはえらいもんでつな~!
富岡製糸場 操糸場
そうそう
富岡製糸場 操糸場
ちなみに、ここ・・・・・
富岡製糸場 操糸場
柱が無いでつおね??
この建物、横幅が12.3mあるんでつが
当時の日本の建築方法だと
これだけの広さの建物を柱無しで作るのは
強度不足で不可能・・・だったんでつけど
富岡製糸場 操糸場
しょれを可能にしたのが
このトラスという小屋組の工法。
富岡製糸場 操糸場
この工法のおかげで
こういう広い空間が
柱無しで確保できるようになったんでつね~
富岡製糸場 操糸場
さて
富岡製糸場 操糸場
この操糸場・・・
富岡製糸場 操糸場
今は片倉工業が置いておいてくれた
ニッサンHR型操糸機があるんでつが
富岡製糸場 操糸場
もともと日本にあった繭から糸を取る方法は
人力で糸車を回しながら糸を絡め取る。
という方式ですた・・・
富岡製糸場 操糸場 座操機
しかしながら、この座繰機・・・・・
御想像の通り、大変な労力が要る上に
効率も悪く(後で、実演に参加しちゃいますた(笑))
一等工女でも1日で5巻きほど
新人では1~2巻きしか糸が巻き取れなかったそうでつ。

そこで、この富岡製糸場では操業当時から
富岡製糸場 操糸場 操業当時の操糸場
フランスから操糸機を輸入していますたが
富岡製糸場 操糸場 フランス式操糸機
動力源として働いていたのは
ポール・ブリュナが導入したために
ブリュナエンジンと呼ばれる横形単気筒蒸気機関が
使われていますた・・・
富岡製糸場 操糸場 操糸機械
このブリュナエンジン、
復元機は富岡製糸場にもあるんでつが
国の重要文化財になっているオリジナルは、なんと!
愛知県の明治村に行ってしまっていて
返して欲しいと富岡市でお願いしたんだそうでつけど
返してもらえなかったとか(´;ω;`)
まあ、仕方ないでつおね・・・・よくある話しで・・・

そして、しょの後
今から約50年前に
今では車の会社として名高い日産が
ニッサンHR型自動操糸機を開発し
富岡製糸場 操糸場 ニッサンHR型自動操糸機
片倉工業が置いておいてくれたってえ
訳なんでつね~~~

この方は横田(和田)英さんと云う方で
富岡製糸場 操糸場 横田(和田)英さん
この富岡製糸場で学んで
郷里の松代で設立された六工社という製糸場で
教婦として励んだそうでつ。
富岡製糸場 操糸場
この富岡製糸場は官営工場でしたので
世に言う、女工哀史の様なものは
存在していず労務管理もしっかりしていて
労働時間は今と変わらない1日7時間45分
富岡製糸場 操糸場
食事、布団、住宅全て無料で
富岡製糸場 操糸場
操糸の技をおさめた女工たちは
富岡製糸場 操糸場
横田英さんの様に
各地で日本の明治期を支えた
生糸の製造に貢献したんでつね~~
富岡製糸場 操糸場
しょのお話は映画赤い襷(あかいたすき)富岡製糸場物語
再現されてるそうなので
観られる方は御覧になるのも良いかもしれまてんね~

群馬県 10月7日(土)~ユナイテッド・シネマ前橋 
群馬県 10月7日(土)~イオンシネマ高崎
東京都 12月2日(土)~12月14日(木)渋谷シネパレス★
愛知県 12月9日(土)~ 名演小劇場★
宮城県 12月30日(土)~ 桜井薬局セントラルホール
富岡製糸場 操糸場
操糸場の一番奥では
繭が生糸になるまでの動画が上映されていたので
富岡製糸場 操糸場
撮ってきますたヽ(´∀`)ノ
ご興味のある方は、是非どうぞ~~!!
[広告] VPS


次回も、まだまだ富岡製糸場~ヽ(´∀`)ノ

いつも読んで頂き、
本当にありがとうございます!!
ポチして頂けると嬉しいでつo(≧Д≦)o
てへ(≧∀≦)\
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

ポチ、どうもありがとうございますたm(≧∀≦)m
あなたの心の宝物が
いっぱいいっぱい増えますように!!!
スポンサーサイト



コメント

Secret

へーー、中はこんな感じなんだー。 富岡製糸場、一度行ってみたいんですわー!

こんにちは~~\(^0^*)onorinbeckさん♪

いつもどうもありがとうございます~~m(≧∀≦)m
お返事が遅くなっちゃって、ごめんなさい~~
気力と体力と時間が足りなくて・・・
コメント入れに訪問も出来て無いし
記事は毎日タイムスリップ更新だし(いいかげん改善したい)
ホント、申し訳ないです~~~m(;Д;)m

内部も結構見られるようになってるんですよね~~
今は東置繭所の1階2階と、この繰糸場だけかな?
西置繭所は現在、復元修理中ですが
こちらは外から見られるようになってます(^^*)
でも、撮影禁止なんですよね~、西置繭所は・・・
公式HPに詳細な修理過程が載ってるので
http://www.tomioka-silk.jp/tomioka-silk-mill/preserve/construction1_1.html
それを見ればいいんですけど、撮りたかったな~~
みんなの力で復興へ!!
復興支援隊
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
毎日更新してるのだよ!
<< 12
2019
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おいらって
こういう人!!

かじぺた

Author:かじぺた
人生はラリー!!
目的を的確に遂行!
だと思ってる旦那と
人生はハプニングを
エンジョイ(●⁰౪⁰●)
どーにかなるさ!!
だと思ってる
しょーもない妻との
珍道中記でつ!!

何にでも
興味あり過ぎなので
色々散漫でつ(爆)

ツイッターも
フォロー
よろしくねっっ!!



ゾロ目祭り
実施中!!!
次回は
333333!!!
何か良いもの(?)
もらえるかも?!
踏んだら
写真を撮って
連絡してね!!!

このブログは
リンクフリーでつ!!
でも、
ご連絡いただけたら
嬉しいでっつ!!
ご連絡頂けた方とは
基本、相互リンク
致しまつお(^0^*)

かじぺたのデンジャラス
(そうでもない)ゾーン
は、前メインブログ。
良かったら、
覗いてみてね(゜∀゜)b

このブログに出てくる
主な登場人物
★かじぺた:
管理人の
しょーもない主婦
★Eちゃん:
奇跡の方向感覚を持つ
旦那
★MOちゃん:
頼りになる長女
ママになりますた!
★MSちゃん:
小動物な次女
某有名ゲーム会社に生息
妙に癒やされる(笑)
★K君またはK氏:
『しょーもない』を
余すことなく
受け継いだ長男
(ワロエナイ)
★KA君:
MOちゃんの超優しい旦那ちゃん
★マゴラ:
MOちゃんとKAくんの第一子 超きゃわわ男子
前ブログ(≧∀≦)
前ブログのファイルが一杯になったため お引越し致しますた(゜∀゜) 前ブログはこちら・・・
チンアナゴな
カウンター
ゾロ目祭りで重要な 役目がありまつ!!
が・・・
最新記事
コメントありがとうm(^0^)m
月別アーカイブ
カテゴリ
十兵衛 ミネソタでの和犬の生活
大阪生まれ和歌山育ちの母兵衛さんと 白い和犬、十兵衛さんのミネソタでの楽しい生活
十兵衛 ミネソタでの和犬の生活
ブロとも一覧

Debris circus

イケてる貴方のレディース・ファッション・ライブラリ

サクセスハッピーライフ

妖気デース.(日記、雑記)

kunysの日々いろいろ

「自分史」ひとくちメモ (by みんなの歴史 編集部)

雲の歳さんのなんやかんや

47食の旅地図

温泉宿で泊まる!カップルで行くおすすめ観光案内ブログ(飛騨高山編)

ウィーーン☆壮年壮女合走團

~『けんたろう』のマイブログ~

そこそこ深くてけっこう広い     ちょいかじおじさんの趣味なはなし
最新トラックバック
検索フォーム
しゅてきなブログばっか!!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示