FC2ブログ

2010年10月16日江戸城散策補完計画 しょの7『皇居東御苑・都道府県の木②』

復興支援隊


2010年10月16日
皇居東御苑、都道府県の木
都道府県の木
前回の続き!!!
今回は中部甲信越地方及び近畿地方!!!

新潟県
新潟県ユキツバキ
ユキツバキ(雪椿)
学名:Camellia japonica var. decumbens
ツバキ科ツバキ属
ヤブツバキ(藪椿)の多雪地帯に適応した型。
主に日本海側の標高300~1000mの山地に生える。
ヤブツバキが10~15mになるのに対し
本種は1~2mにしかならない。
母種のヤブツバキに比べ葉の鋸歯が大きく葉脈が目立つ。
花は花弁が薄くて細い。
半開にしかならないヤブツバキと違い
花は水平状態にまで開き切るので可愛らしい印象。
ヤブツバキと分布域が接近する場所では
両種の中間型であるユキバタツバキ(雪端椿)
C. japonica var.intermediaが見られる。
分布:本州、岩手・秋田県から滋賀県北部。

・・・・・ユキツバキの説明の上の部分の記事・・・
1回全部いつの間にか消えてた・・・・なんで???
県の花:チューリップ


富山県
富山県タテヤマスギ県の花:チューリップ
タテヤマスギ(立山杉)
(スギ(杉・椙)
学名:Cryptomeria japonica
スギ科スギ属
日本特産種で沖縄以外の日本列島全域に自生する。
建築材等、有用樹のため盛んに植林された結果
今や国民病とも言われるスギ花粉症の原因木に・・・
樹木の中でもかなりの長寿種で
屋久島には3000年を超えるものも存在する。)
の変種で日本海側に多い
アシウスギ(学名:C. japonica var.radicans)
の立山辺りに産するものを云う。

スギって・・・・・意外に難しい・・・・(笑)


石川県
石川県アテ(ヒノキアスナロ)県の花:クロユリ(黒百合)
アテ(ヒノキアスナロ)(貴・阿天)
アスナロの変種、ヒノキアスナロの
石川県での呼び名。

ヒノキアスナロ(檜翌檜)
石川県での別名:アテ(貴・阿天)
学名:Thujopsis dolabrata var. hondae
杉に似て杉、ヒノキより小型なことから
アスナロの歌で♪あすなーろ、あすなーろ
明日は成ろう。大きな檜に明日は~成ろう・・・
と歌われる。
青森県の木も名前が違うが(ヒバ)
ヒノキアスナロであるが、
両種とも確実にヒノキアスナロのことを指すかは
不明。

『ドロロンえん魔くん』の
妖怪アスナロ小僧を思い出すーw(T∀T)w


福井県
福井県マツ県の花:スイセン(水仙)
マツ(松)
裸子植物門マツ科マツ属(Pinus)の総称。
アカマツ、クロマツを指すことが多い。

う~~ん・・・・
おおらか・・・・・・・(笑)
♪貴方待つのもまつの内~~~


山梨県
山梨県カエデ
カエデ(楓)
カエデ科(ACERACEAE)の植物の総称。
カエデ科の植物には
カエデ属とキリセンセキ属があるが、
キリセンセキ属は中国に2種あるだけなので
この場合カエデ属の
ハウチワカエデ・イロハモミジ・オオモミジ
ヤマモミジ等を指すものと思われる。

んもう~~ここもおおらか~~~(笑)
ちなみに、メープルシロップは
北米原産のサトウカエデ(砂糖楓)
の樹液を採取して煮詰めたもの。
カナダの国旗の葉は
サトウカエデがデザインされておりまつ(^^*)b
県の花:桜(フジザクラ(富士桜))


長野県
長野県シラカバ県の花:リンドウ(竜胆)
シラカバ(白樺)
別名:シラカンバ
学名:Betula platyphylla var. japonica
カバノキ科カバノキ属
高原を代表する種で標高1000m附近の
深山の日当たりの良いところに生える。
幹を傷つけると樹液がほとばしり出、
アイヌ民族が飲料水や煮炊きに使ったほど。
かすかな甘みがあり、キシリトールの原料や
化粧品の保湿剤等にも使われる。
皇后美智子妃殿下のおしるし。

植えられてるの・・・ほっそい若木・・・
・・・・・・たぶん、ここには生育無理だおね・・
たぶん、毎年夏になる度枯れて
たぶん毎年更新されてるおね・・・・・
うああああ(´Д⊂。・゜・。あああん
シラカバーーーーー!!!!!


岐阜県
岐阜県イチイ県の花:レンゲソウ(蓮華草)
イチイ(一位・櫟)
別名:オンコ・アララギ
学名:Taxus cuspidata
イチイ科イチイ属
深山に生える常緑高木。
大きいものでは高さ20m、直径2mになる。
雌雄異株で雌花は9~10月に熟すと赤い仮種皮の中に
種子を覆う茶碗の様な形の実をつける。
赤(キミノオンコでは黄色)い仮種皮は
甘く食べられるが中に抱かれている種子は有毒。
分布:北海道,本州,四国,九州,アジア東北部

アララギと云えば一番に思い出してしまうのが
伊藤左千夫を中心に『阿羅々木』として創刊され、
翌年、正岡子規と門下の歌人らが改題の上
根岸短歌会の機関誌として発行していた
『アララギ』なのは、おいらだけではあるまい・・・

オンコちゃん・・・・・
かじぺた家では浅野温子さんのことを”オンコちゃん”
と呼んでるのでつい(゜∀゜;)\


静岡県
静岡県モクセイ県の花:ツツジ(躑躅)
モクセイ(木犀)
モクセイ科モクセイ属に属する
常緑小高木の総称。
または
ギンモクセイ(銀木犀)を指す。
むーー・・・
我が静岡県も、またまたこれはおおらかな・・・
しかも・・・・ここに植えられてるの
学名から見てキンモクセイ(金木犀)
みたいだし・・・

どうすりゃいいのか?このばやい・・

・・・・・すっかたねえのっす。
全部並べとくべえ・・・(泣)

モクセイ科(OLEACEAE)
モクセイ科は世界に27属、約600種類に及び
モクセイ属、オリーブ属、イボタノキ属
ヒトツバタゴ属、ソケイ属、トネリコ属、
レンギョウ属、ハシドイ属等にあるが、
このうち日本には6属、23種が自生している。
モクセイ属には、キンモクセイ、ギンモクセイ
ウスギモクセイ、ヒイラギ、ヒイラギモクセイ
四国以南に自生するシマモクセイがある。

ギンモクセイ(銀木犀)
別名:モクセイ
学名:Osmanthus fragrans
モクセイ科モクセイ属
中国原産だが日本でも庭木としてよく植えられている。
高さは普通3~6m程度だが時に10mを超えることもある
常緑小高木。
秋に葉の脇に大変香りが良い小さな白い花を束生させる。
中国では桂花と呼ぶ。
雌雄異株だが日本には雄株しか渡来していない。
属名のOsmanthusは”匂う花”の意で、
種小名のfragransは”香水”を意味する。
この樹木について
どれだけ花の香りが重視されているかがよく分かる。

キンモクセイ(金木犀)
学名:O. fragrans var. aurantiacus
ギンモクセイの変種で
ギンモクセイと同様、秋
葉の脇に橙黄色の香りの大変良い花を多数束生させる。
こちらも雄株のみの渡来な為
本来実が生る木だが日本では生らない。
中国名は丹桂だが、
花で香りを付けた『桂花茶』や
桂花陳酒(けいふぁちんしゅ)には
キンモクセイの花を使う。

何処からかともなく漂ってくる
キンモクセイの香り・・・・・
ああ、秋が来たのね・・・・・
と思わせてくれる芳しいあの香り。
大好きだけどさあ・・・・・

ああ・・・めんどくさかった・・・(;m;)


愛知県
愛知県ハナノキ県の花:カキツバタ(杜若)
ハナノキ(花の木)
別名:ハナカエデ(花楓)
学名:Acer pycnanthum
カエデ科カエデ属
日本の固有種で、
長野・岐阜・愛知・滋賀の4県の
山地の湿地にのみ稀に自生。
そのため、国の天然記念物に指定されている。
大きいものでは高さ25mにもなる落葉高木。
葉が出る前に深紅色の小さな花が多数集まって咲くので
大変美しく、花の木(ハナノキ)の名が付いた。
秋の葉の紅葉(または黄葉)も美しい。

あーー・・気持ち良いね!!
こういうのだと、シュッキリするね!!!
花の木、サイコー!!!

三重県
三重県ジングウスギ
ジングウスギ(神宮杉)
伊勢神宮の敷地にある杉のうち、
大きい個体を指す。
伊勢湾台風で多くの杉が倒れ
更に第二次世界大戦でアメリカ軍の空襲により損傷を受けた。
が為に伐採された瀧原宮の太郎杉は、
瀧原宮の敷地では最大で樹齢293年と推定された。

スギ(杉・椙)
学名:Cryptomeria japonica
スギ科スギ属
日本特産種で沖縄以外の日本列島全域に自生する。
建築材等、有用樹のため盛んに植林された結果
今や国民病とも言われるスギ花粉症の原因木に・・・
樹木の中でもかなりの長寿種で
屋久島には3000年を超えるものも存在する。

なるほど・・・・
こういうパターンもある訳だね。
ってことは、この植えてある杉は
果たして本物のジングウスギと言えるのであろうか?
見た感じ、決して大きくはないが・・・・・
県の花:ハナショウブ(花菖蒲)

滋賀県
滋賀県モミジ
モミジ(紅葉・椛・黄葉)
うわ・・出た!!またおおらかパターン・・・
やめて・・・?

んーーと・・・・
モミジ・・・
Wiki見たら
-------------------------------------------------
秋になって木々の葉が色づくこと → 紅葉(こうよう)
転じて、鮮やかに紅葉するカエデ類の総称 → カエデ
鹿肉の別名。
鶏の足先の部分。皮を食べる他、出汁として利用する。
大分県の郷土料理 → もみじ (郷土料理)
-------------------------------------------------
(Wikipedia”もみじ”の項より転載)
・・・・・・・
さっき、カエデで書いたやつ貼っとこう・・・

カエデ科(ACERACEAE)の植物の総称。
カエデ科の植物には
カエデ属とキリセンセキ属があるが、
キリセンセキ属は中国に2種あるだけなので
この場合カエデ属の
ハウチワカエデ・イロハモミジ・オオモミジ
ヤマモミジ等を指すものと思われる。

補足:単にモミジと云えば
 カエデ科カエデ属の
イロハモミジ(伊呂波紅葉)
別名:タカオカカエデ・イロハカエデ・コハモミジ
学名:Acer palmatum
を指す場合がある。んだそうだ・・・
低山の普通種だが、
葉の美しさ(直径4~7㎝で掌状に5~7裂し
秋に赤や黄に美しく色づく)等から
庭園や庭木としてよく使われる。
分布:本州福島県以西,四国,九州,朝鮮半島

ちなみに、広島県もモミジ(紅葉・椛・黄葉)
・・・・・もう、勘弁して下さい(TДT)
県の花:シャクナゲ(石楠花)


京都府
京都府 北山杉
キタヤマスギ(北山杉)
(スギ(杉・椙)
学名:Cryptomeria japonica
スギ科スギ属
日本特産種で沖縄以外の日本列島全域に自生する。
建築材等、有用樹のため盛んに植林された結果
今や国民病とも言われるスギ花粉症の原因木に・・・
樹木の中でもかなりの長寿種で
屋久島には3000年を超えるものも存在する。)
の変種で日本海側に多い
アシウスギ(学名:C. japonica var.radicans)

の、選抜育成品種。
京都北山周辺に広く植林されている。
材が白く美しいため磨き丸太にして床柱等に使われる。
県の花:シダレザクラ(枝垂桜)


大阪府
大阪府イチョウ県の花:サクラソウ(桜草)
イチョウ(銀杏,公孫樹)
学名:Ginkgo biloba
イチョウ科イチョウ属
裸子植物門イチョウ鋼の唯一の生き残り。
(裸子植物は被子植物より
古い時代に生まれた植物で原始的な特徴を残す。)
恐竜が闊歩していた時代には世界中に分布していたが
氷河期の到来で恐竜と共にほとんどが絶滅。
中国でごく一部が生き残り
(現在の安徽省宣城市付近ではないかと言われている)
今では世界中に移植されている。
ヨーロッパで移植されているイチョウは
実は細菌性の疾病により全部枯死してしまい、
1693年、医師で博物学者ケンペルが
日本の長崎より持ち帰ったもので
学名(Ginkgo)、また英語圏での名前も
日本での呼び名(銀杏(ギンキョウ),イチョウ)
が誤表記されたものをそのまま使っている。
ギンナンは食用になり、
イチョウ葉も薬効があるので
エキスやお茶にするが
ギンコール酸やという強い成分やその他を
多く含むため中毒を起こす場合がある。
ギンナンの大量摂取や
素人の作ったお茶等は避けた方が良い。

東京都、神奈川県もイチョウ。


兵庫県
兵庫県クスノキ県の花:ノジギク(野路菊)
クスノキ(楠・樟)
別名:クス
学名:Cinnamomum camphora
クスノキ科ニッケイ属
暖地に自生する他、古くから寺社等に植えられている。
高さは普通20m程度だが
高さ55m、直径8mに達する巨木も有り
天然記念物に指定されている個体も多い。
葉や幹を傷つけると樟脳の香りがする。
実際、樟脳はクスノキの枝葉を蒸留して作る。
クスノキの語源は”薬の木”或いは
「臭し(くすし)」だと言われている。
本来、虫よけ魔除けの道具であった『くす玉』は
このクスノキで作られていたと言われ
防虫効果があることから
巨木が飛鳥時代の仏像の材としても利用されていた。

ダニ室という、特殊な膨らみが葉の葉脈基部にあり
フシダニの一種を囲っていて、
フシダニが少しずつダニ室の外に出る事で
捕食性のダニをおびき寄せ、
クスノキにとって有害な他のダニの寄生を
防いでいるらしい・・・・・
肉桂(シナモン),アボカド等は近縁種。
分布:本州関東地方南部以西,四国,九州
 韓国斉州島(チェジェ島)

クスノキ・・・さすがに南の方では大人気で
この他、佐賀県、熊本県、鹿児島の木もクスノキ。
まあ、鹿児島はねえ・・・・・(今は秘密(笑))
楠は残った・・・・・


奈良県
奈良県スギ
スギ(杉・椙)
学名:Cryptomeria japonica
スギ科スギ属
日本特産種で沖縄以外の日本列島全域に自生する。
建築材等、有用樹のため盛んに植林された結果
今や国民病とも言われるスギ花粉症の原因木に・・・
樹木の中でもかなりの長寿種で
屋久島には3000年を超えるものも存在する

お・・・・奈良県って県の花は”八重桜”だけど
木は”杉”なのね・・・・・奈良県・・・好きっ!!!
(前に書いた記事コピペするだけで簡単だった(爆))
県の花:ヤエザクラ(奈良の八重桜)


和歌山県
和歌山県ウバメガシ県の花:ウメ(梅)
ウバメガシ(姥目樫)
別名:イマメガシ(今芽樫)・ウマメガシ(馬目樫)
学名:Quercus phillyraeoides
ブナ科コナラ属
暖地の海岸沿いの林などに生える常緑低木~高木。
普通は5~7mの高さだが、時に18mに及ぶものもある。
根元に近い部分でよく枝分かれするため
生垣等にもよく使われる。
高級炭として有名な備長炭の原料。
ウバメガシ(姥目樫)の語源は
ヌルデの代用品としてタンニンを多く含んだ若芽を
鉄漿(お歯黒)の代用品として使っていたから。
(注:お歯黒は明治以前の主に既婚女性の
化粧であったことから
”姥”の字が中(あ)てられているらしい)

紀伊半島では、ウバメガシが占有する森林が
豊富に見られ(備長炭の原料になる為
人為的に管理維持されていた林もある)
和歌山県大塔山系法師山の山頂に
多分日本最高標高のウバメガシが自生している。
和歌山県の県の木としては必然と言えよう。



うおっ!!?
このウバメガシの団栗も
アク抜き無しで食べられるそうでつお!!
うわーーー!!知らなかったーーー!!!
(Wikiにも書いていない)
皆さん、前言撤回でつ!!!

食べられる(アク抜き無しで食べられる)団栗は
シイの実(椎(スダジイ・ツブラジイ))
マテバシイ、それからまだあった・・・
シリブカガシ、アカガシ
そして、このウバメガシでつお(゜Д゜;)b
覚えておいてくださいね~~
(食糧難の時のために?(笑))

県の花はだ・・・・・
茨城では県の木が・・・・・



♪うめぼし、うめぼし、すっぱい!!


皆さん、長々とお疲れ様でしたm(^0^;)m
情報量大杉(爆)で申し訳ありまてん・・・・
次回は山陰,四国の予定でーーつ(^0^*)b

 



ポチして頂けると嬉しいでつo(≧Д≦)o
お願いいたしますでつm(_ _)m
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ポチ、どうもありがとうございますたm(≧∀≦)m
あなたの心の宝物が
いっぱいいっぱい増えますように!!!




今年3月東北関東大震災に際して
被災者の方々の一刻も早い日常への復帰と
亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
復興支援隊


スポンサーサイト



みんなの力で復興へ!!
復興支援隊
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
毎日更新してるのだよ!
<< 05
2011
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おいらって
こういう人!!

かじぺた

Author:かじぺた
人生はラリー!!
目的を的確に遂行!
だと思ってる旦那と
人生はハプニングを
エンジョイ(●⁰౪⁰●)
どーにかなるさ!!
だと思ってる
しょーもない妻との
珍道中記でつ!!

何にでも
興味あり過ぎなので
色々散漫でつ(爆)

ツイッターも
フォロー
よろしくねっっ!!



ゾロ目祭り
実施中!!!
次回は
333333!!!
何か良いもの(?)
もらえるかも?!
踏んだら
写真を撮って
連絡してね!!!

このブログは
リンクフリーでつ!!
でも、
ご連絡いただけたら
嬉しいでっつ!!
ご連絡頂けた方とは
基本、相互リンク
致しまつお(^0^*)

かじぺたのデンジャラス
(そうでもない)ゾーン
は、前メインブログ。
良かったら、
覗いてみてね(゜∀゜)b

このブログに出てくる
主な登場人物
★かじぺた:
管理人の
しょーもない主婦
★Eちゃん:
奇跡の方向感覚を持つ
旦那
★MOちゃん:
頼りになる長女
ママになりますた!
★MSちゃん:
小動物な次女
某有名ゲーム会社に生息
妙に癒やされる(笑)
★K君またはK氏:
『しょーもない』を
余すことなく
受け継いだ長男
(ワロエナイ)
★KA君:
MOちゃんの超優しい旦那ちゃん
★マゴラ:
MOちゃんとKAくんの第一子 超きゃわわ男子
前ブログ(≧∀≦)
前ブログのファイルが一杯になったため お引越し致しますた(゜∀゜) 前ブログはこちら・・・
チンアナゴな
カウンター
ゾロ目祭りで重要な 役目がありまつ!!
が・・・
最新記事
コメントありがとうm(^0^)m
月別アーカイブ
カテゴリ
十兵衛 ミネソタでの和犬の生活
大阪生まれ和歌山育ちの母兵衛さんと 白い和犬、十兵衛さんのミネソタでの楽しい生活
十兵衛 ミネソタでの和犬の生活
ブロとも一覧

Debris circus

イケてる貴方のレディース・ファッション・ライブラリ

サクセスハッピーライフ

妖気デース.(日記、雑記)

kunysの日々いろいろ

「自分史」ひとくちメモ (by みんなの歴史 編集部)

雲の歳さんのなんやかんや

47食の旅地図

温泉宿で泊まる!カップルで行くおすすめ観光案内ブログ(飛騨高山編)

ウィーーン☆壮年壮女合走團

~『けんたろう』のマイブログ~

そこそこ深くてけっこう広い     ちょいかじおじさんの趣味なはなし
最新トラックバック
検索フォーム
しゅてきなブログばっか!!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示