FC2ブログ

『コクリコ坂から』を観て思ったこと

復興支援隊



八重山旅行の途中でつが、
旬のものだと思うので今日は映画のお話。

今夏のジブリ作品
『コクリコ坂から』
コクリコ坂から

自分が少女時代の
なんとな~く聞いた覚えのある
懐かしいテイストの少女漫画が原作・・・
宮崎吾郎監督作品・・・・・

正直どうしようかな~~と思ってた・・・

でも、舞台が横浜なんだあ(おいら横浜出身)
原作はもうちょっと新しい時代だけど
映画は1963年って設定なんだあ
(おいら1963年生まれ)
これは・・・・・ミルベキカ???

と思いながらも、いつもと一緒で
(この映画観に行こう!と思いながら
観ずして終わってしまうこと多々あり(゜∀゜;)\)
行かないかもな~~・・と思ってた。

でも、良いって聞くよ???

うう~~~ん・・・・・・

土曜日の昼間・・・・・・
天気が悪くてどこにも行けそうもない。
テレビを点けたらNHKで宮崎駿氏と吾郎氏の戦い
みたいなお話をやってて・・・

気付いたらTOHOシネマズのvitで
チケットを買っていたv(*゜∀゜)v
レイトショーで同じく'63生まれの旦那と
美大生と高校生と4人で・・・・・

ネタバレにならない程度に感想を・・・

すいまっせん!!!
正直、号泣!!!!!
まずは、
もうね、お話とは関係ないけど
海ちゃんのお父さんが
おいらの亡くなった大大大好きな父とそっくり!!
もう、しょんだけでダメ・・・!!!
まあ、あの時代なので髪型とかがね(^0^;)\
(1963年当時、かじぺたのパパは二十歳ですた・・)

でもって、
こんな風景今でも田舎に行くと見られるよね・・・
って今では横浜には無くなってしまった
懐かしい風景。

東京は、見覚えがあった・・・・・
あの頃の東京はこんなだった・・・・・
あっという間に2~3歳の子供になり
両親に手をひかれていた頃に戻った気がした。

あの頃のアツい空気・・・・・・

高校生はあの頃、立派に大人だった。
若者はやっぱり青くて春に居るけれど
それでも自分達には何か大きなことが出来る!!
と信じられたし行動を起こすことが出来た。

おいらたちが憧れてた・・・・・
いつかなろうと思ってたあの頃の若者たち。

でも、自分たちが高校生になった頃は
もう小綺麗に整理された社会の中で
甘んじて管理されても
小さく小さく反抗をするくらいで
世の中を動かそう!!
とか考えることはしなくなってた。
(いわゆるツッパリ世代でつ(゜∀゜;)\
横浜銀蠅とかね、ヤンキーでは無いのよ(笑))

たとえばね、おいらたちが小中学生の頃
学園漫画の一つのパターンとして
高校の生徒会が校則を変えるため立ち上がる!!!
とか
理事長の横暴を糺す!!!
とか・・・・・・
そう言った話がやたらと有った訳で・・・・・

実際、大学生たちが体制と戦っていた
学生運動時代のことを
おいらたちは知ってた。
でも、知ってただけ・・・・・
だって当該時は子供だったからね。

でも、おいらたちが中学の頃、
中学生はある程度大人として扱われた。
全国大会に行くんでも無ければ
普通の部活の試合に親が応援に行く(来る)なんて
聞いたこと無かった。
学校に行けば自分たちの社会があって
それなりの責任も負わされた。

おいらの子供たちが
中学生になった時、
親がこぞって部活の、
しかも
なんでもない地区予選の試合を応援に行くって聞いて
世の中変わったって思った。
(ちなみにおいらの子供達、3人とも文化部(笑))

中学生はもとより高校生も子供に・・・・・
更には大学生も子供になった・・・・・・
(ごめん、コナン君が
「体は子供頭脳は大人云々・・・・」
って云うたびに、高校生な頭脳のおまいは子供ぢゃ!!
って心の中でツッコミいれてしまいまつ(^0^;)\)
みんな誰もかれも管理されて小綺麗に
整然と暮らす様になった。
出来ないものははじかれるだけ・・・・・・


でも、あの頃の若者は
熱とエネルギーで何でも出来る!!!!って
若いなりに責任もあったし
青くても大人として頑張ってたんだなあ・・・

いつの間に、日本人は
こんなに幼くなってしまったのだろうか・・・


ジブリがこの作品を作り始めたのは
あの大震災のはるか前・・・・・・
でも、今だからこそこの映画が必要になったのは
ただの偶然なんだろうか・・・

アツい心とアツいエネルギー・・・・・・

今こそこれが必要なのだ・・・・


ネタバレになるので詳しいことは言えませんが
佳品でした。
特においらたちの世代には沁みる・・・・・

ただなあ~~・・・・・
舞台になってる’63年の若葉の頃・・・・
おいら、まだ生まれてないんだお!!!!!
Eちゃんは生まれてんのに!!!

く・・・ちょっとだけ悔しい・・・・・
なんだかよく分かんないけど・・・(笑)


あと・・・・・・
横浜!!!
なんでこんなに変わっちゃったんだ!!!!!
あのまんまの方が良かったお!!!!!!


しょれと・・・・・
まだ日本がこんなだった時代に生まれたなんて・・・
おいらたちったら・・・・・


あんまりもう若くないのね!!!(爆)
(当たり前田のクラッカー(笑))


気付いたら、
こんなにグッズを買っていた・・・・・
コクリコ坂から グッズ

コクリコ坂から ドロップとクリップ
良いの・・・・・・
えらそーなこと言って何にも出来ない
子供な大人だから
せめて経済活動のためお金を使うわ!!(爆)



今日8月22日は、
海ちゃんのお父さんにそっくりな
51で亡くなった、かじぺたの父の
生きていれば68回目の誕生日です(^-^*)・・・



 



ポチして頂けると嬉しいでつo(≧Д≦)o
お願いいたしますでつm(_ _)m
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ポチ、どうもありがとうございますたm(≧∀≦)m
あなたの心の宝物が
いっぱいいっぱい増えますように!!!



今年3月東北関東大震災に際して
被災者の方々の一刻も早い日常への復帰と
亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
復興支援隊


日本列島と渥美半島・・の途中でつが、、森は雪でつ!!ヤマトでつ!!

愛知県は日本列島を徘徊している途中でつが・・
ここで臨時企画!!!
続きは明日からまた始めまつので
本日のところは、
これにお付き合い下さいませm(_ _)m

今日は、朝から、
ららぽーと磐田で仕事のMOちゃんを車で送って行き、
ららぽの屋上に
雪がうっすら残ってるなあとか思いつつ
H市天竜区の辺りの道の駅のスタンプを押しに・・
山の中に入ったら・・・・雪だった!!!
森雪
w(゜Д゜;)w
雪の天竜区
まさに、森雪!!!(爆)すいません・・・

いやあ、雪深いところの皆さんには
何の驚きも無いでしょうが、
とにかくH市と言うところは雪が少なく、
ましてや積もるなど、10年に1回くらいの土地柄・・
しょれでも、山側は降りやすいとはいえ
びっくりw(゜Д゜;)w
ところどころ凍結した道を
雪に慣れていないH市民の車同士おっかなびっくり
のんびりゆっくり走り・・・
今までなんとなく取りこぼしていた道の駅
2カ所を巡って
雪の船明(ふなぎら)ダム

再び、ららぽーと磐田へ・・・
木村拓哉さん主演の実写版『宇宙戦艦ヤマト』
【SPACE BATTLESHIP ヤマト
を観てきますた(^^*)b

実は、かじぺた・・・
青春時代前半をヤマトに捧げてしまった(゜▽゜;)
という過去を持っておりまして
最初は興味ないフリなどしておりますたが、
やっぱり、我慢できず、
前売り券など買っちまっていたのでつ・・・
SPACE BATTLESHIP ヤマト
いやあもーーー!!!
やっぱ、おいらダメだわーーーー!!!
もーしょっぱな音楽聴いただけで号泣(TД⊂。・゜・。
これほどまでに涙腺緩むとは思ってもみなかった・・・
ギバちゃんの真田さん!!全くもって違和感無しっ!!!
真田さんーーー!!やっぱ好きだあ!!
愛してるぅーーーーo(´Д`*)o

また、この徳川機関長!!!
「え?最初(アニメ(笑))から
西田敏行さんがやってたんだよね??」
と、錯覚を起こしたっきり帰って来れなくなるほどの
嵌まりっぷり!!!(笑)

ネタバレになるとアレなので多くは語りませんが、
作っている人たちのヤマトへの思い入れが
ヒシヒシと伝わって来て
細かい部分での自分の思い入れとの違和感をもってしても
満足できるレベルの出来だったと思いまつ・・・

ああ~~~~!!!
語りたいっ!!語りたいわぁ~~!!!(笑)

まあ、道の駅も廻ってきてまつので
今日の出来事は
後日、詳しく記事に致しまつ(^0^*)b
しょの時に、ヤマトの公開が終わってれば
思う存分語れるかもねーーー(笑)

ところで・・・・・・・
しょんな、滅多なことで雪に見舞われないH市・・・
しかも、一応かじぺたの住んでるところは山では無く
市街地近辺なので、尚更100倍降らないのでつが、
現在、何と積もってるんでつお!!!
何が?って雪でつお!!雪!!!!!
道雪
えーーー???こんなもんで大騒ぎーー??
とか思うでしょ???
だけど、ここってば

ホンッ



当に雪が降らない積もらない土地なので
これくらいで大騒ぎな訳でつ・・・・

明日・・・・朝になって気温が上がらなければ
街中大混乱になること間違いなしでつ(゜゜;)b
なにしろ、
自家用車で通勤してる人が90%以上で、
ほとんどの方が雪や凍結に慣れていませんし
準備もしてないでつから
学校や会社が機能しないってことも充分あり得まつ。

果たして!!Eちゃんは会社に行けるのだろうか?!!
MOちゃんは、お休みだと言ってたから良いけど
MSちゃんとK君は学校に行けるのだろうか???

この程度の積雪で、ガチで心配なH市の明日はどっちだ!?
(今度は【あしたのジョー】の実写版もやりまつね(笑))

答は、明日!!


ポチして頂けると嬉しいでつo(≧Д≦)o
お願いいたしますでつm(_ _)m
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ポチ、どうもありがとうございますたm(≧∀≦)m
あなたの心の宝物が
いっぱいいっぱい増えますように!!!

※雪が積もった翌朝の写真が追記にありまつ・・
良かったら見て下さいね(^-^*)b

続きを読む

マイ・フェイバリット【オペラ座の怪人】

テレビで【オペラ座の怪人】やりますたね(^^*)
この映画、かじぺたは映画館にも観に行ったし
DVDも買ってあるんでつが、
今回のオンエアは『劇団四季』の完全吹き替え版とのことで
オリジナルには及ばないだろうと思いつつも
どうかな~~~~と、
ほとんど興味本位でしたが、
これまたオペラ座の怪人好きな子供たち(笑)と一緒に
観ることにしますた(Eちゃんは忘年会ですた~~)

結果・・・・
テレビにかじりつき(^^;)\

おいら、英語の歌、歌うのも聴くのも大好きなんでつが、
実は英語は読み以外てんでイケてないので、
(読むのは得意、読むのだけ(爆))
イマイチわかってなかったようなところも
日本語で演ってもらったら
細かいところがすっごくよっく分かりますた!!!
この歌・・・こんなこと歌ってたんだ~とか・・
(特にカルロッタがらみとかのどーでもいいシーンの歌(笑))

支配人たちの掛け合いの歌とか、
違う意味で面白かった・・・なんだか爆笑(゜∀゜;)




このオペラ座の怪人・・・・
実は、かじぺたには悲願があるのでつよ・・・

小学校3年くらいだったかなあ・・・・・・
しょの頃、かじパパはとても忙しくて
海外飛び回って出張に行ったり
毎日帰りも遅くてあまり家に居ない人ですた。

当然、しょんな感じだと、
家の中が結構どうでもいい感じになってて
かじママは隣のケンちゃんのおばさんと
窓越しにずーーーーっと立ち話・・・
ケンちゃん家もお父さんがタクシーの運転手さんで
家に居なかったから2人とも思う存分立ち話・・・
夜も更けたけど晩ごはんも作らずに(笑)


しょの間、かじぺたはなんだかわからない外国のお話の
テレビを1人で夢中になってみていますた。
(まだ幼かった妹と弟は何をしていたのやら・・
記憶にございません(爆))



しょれは、こんなお話ですた・・・

美しい歌姫に恋をしていた仮面の怪人が
歌姫を地下室に閉じ込めて・・・・・
最初は怖がり泣いてばかりいた歌姫が
徐々に彼に心を開き・・・・・・・
最後に彼女を助けるために怪人は
舞台のシャンデリアにつぶされて死んでしまう。

仮面の下には
緑色に赤い傷が横に三本ほど入った醜い顔が隠されていて・・・

だけど、歌姫は彼に取りすがって泣くんです。
「私を守ってくれた貴方・・・死なないで・・・」
怪人は満足そうに死んでいく・・・・・・・

悲しくて切なくて・・だけど、とても感動して
おいら、
大人になってもずーーっとあのお話を探していますた。

題名見ないで観てたから、なんていう話か分からない。
映画なのかドラマなのかも分からない・・・・・
でも、夢にまで見るほど好きなお話ですた。
もう1度観たい・・・・・・・・
あの、お話を・・・・・・・


さて、しょのお話・・・・・

明らかに【オペラ座の怪人】だろ?!
と思うでしょ???
だけど、一般家庭で育った当時の小学校3年生は
『オペラ座の怪人』なんて知らなかったし
当時は調べ様にも今みたいにネットなんてなかったし・・・

今だったら、
『仮面・シャンデリア』でググってもアタリが出そうだけど(笑)

でも、大人になったらうすうす・・・・
あの話は【オペラ座の怪人】では無かったか??と
気付きだしますた。
でもねえ・・・・これ、
名作でつから、映画もテレビドラマも
沢山作られてたんでつお・・・・・・

おいらが求めているのはあくまでもあの
幼き日・・・晩ごはんも忘れて(忘れたのはかじママだが(笑))
泣きながら観た、あの劇場の地下に住んでた怪人のお話・・・

さて・・・・・
映画【オペラ座の怪人】ロードショー時・・
当然ながら、かじぺたはこれがあの話だと確信してますたから
Eちゃんを誘って観に行きますた。

これが、あの日観たお話とはもちろん
ストーリーも微妙に違っているし色々違いはあれど
とても良かった・・・・・・
最初のシャンデリアの場面からもう寒気・・・・
歌もダンスも構成も配役も・・・・・

しょして、悲しくて切ないのは一緒・・・・・・
最初は、ミュージカルはどうも・・・的なことを言ってたEちゃんも
終わった途端に「面白かった!!!」と言ってくれますた。
(彼を唸らすのは結構大変なんでつ(笑))

で、この映画が上映された当時、
空前の【オペラ座の怪人】ブームが起きて
関連の古い映画のDVDも安価でショップに並ぶようになりますた。

ひょっとしたら・・・・・・・・

かじぺた、1000円くらいで売ってた
『名作』って書かれた
【オペラの怪人】ってのを購入・・・・・

あれだったらいいなあ・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・なんぢゃこりゃーーーーーΣ(゜Д゜;)

撃たれたジーパン刑事もまっつあおなくらいの
『なんぢゃこりゃ!!!』
がっかりにもほどがある酷い作品ですた・・・orz
ああ、思い出したくもない・・・

最初から”座”が抜けてるって時点で疑えよ!!!
って話でつけどね(TДT;)
なんだよ?”オペラの怪人”って・・・・

しょの後もネットで調べたりして見ますたが、
かじぺたの、フェイバリットオペラ座の怪人は
未だ見つからないのですた・・・・・(;m;)

多分、今見たらすっごくちんけな感じの映画なんだろうけど・・・



あ~~~・・・・面白かったぁ~~切なかった~~・・・・
日本語吹き替え版の
【オペラ座の怪人】も、なかなか良かった!!!
さすが劇団四季!!!


だけど・・・・観終わった後速攻で
オリジナルの英語版を観たくなったのはなぜ???(笑)



ポチして頂けると嬉しいでつo(≧Д≦)o
お願いいたしますでつm(_ _)m
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ポチ、どうもありがとうございますたm(≧∀≦)m
あなたの心の宝物が
いっぱいいっぱい増えますように!!!

続きを読む

みんなの力で復興へ!!
復興支援隊
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
毎日更新してるのだよ!
<< 02
2021
>>
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
おいらって
こういう人!!

かじぺた

Author:かじぺた
人生はラリー!!
目的を的確に遂行!
だと思ってる旦那と
人生はハプニングを
エンジョイ(●⁰౪⁰●)
どーにかなるさ!!
だと思ってる
しょーもない妻との
珍道中記でつ!!

何にでも
興味あり過ぎなので
色々散漫でつ(爆)

ツイッターも
フォロー
よろしくねっっ!!



ゾロ目祭り
実施中!!!
次回は
333333!!!
何か良いもの(?)
もらえるかも?!
踏んだら
写真を撮って
連絡してね!!!

このブログは
リンクフリーでつ!!
でも、
ご連絡いただけたら
嬉しいでっつ!!
ご連絡頂けた方とは
基本、相互リンク
致しまつお(^0^*)

かじぺたのデンジャラス
(そうでもない)ゾーン
は、前メインブログ。
良かったら、
覗いてみてね(゜∀゜)b

このブログに出てくる
主な登場人物
★かじぺた:
管理人の
しょーもない主婦
★Eちゃん:
奇跡の方向感覚を持つ
旦那
★MOちゃん:
頼りになる長女
ママになりますた!
★MSちゃん:
小動物な次女
某有名ゲーム会社に生息
妙に癒やされる(笑)
★K君またはK氏:
『しょーもない』を
余すことなく
受け継いだ長男
(ワロエナイ)
★KA君:
MOちゃんの超優しい旦那ちゃん
★マゴラ:
MOちゃんとKAくんの第一子 超きゃわわ男子3歳
前ブログ(≧∀≦)
前ブログのファイルが一杯になったため お引越し致しますた(゜∀゜) 前ブログはこちら・・・
チンアナゴな
カウンター
ゾロ目祭りで重要な 役目がありまつ!!
が・・・
最新記事
コメントありがとうm(^0^)m
月別アーカイブ
カテゴリ
十兵衛 ミネソタでの和犬の生活
大阪生まれ和歌山育ちの母兵衛さんと 白い和犬、十兵衛さんのミネソタでの楽しい生活
十兵衛 ミネソタでの和犬の生活
ブロとも一覧

Debris circus

イケてる貴方のレディース・ファッション・ライブラリ

サクセスハッピーライフ

妖気デース.(日記、雑記)

kunysの日々いろいろ

「自分史」ひとくちメモ (by みんなの歴史 編集部)

雲の歳さんのなんやかんや

47食の旅地図

温泉宿で泊まる!カップルで行くおすすめ観光案内ブログ(飛騨高山編)

ウィーーン☆壮年壮女合走團

~『けんたろう』のマイブログ~

そこそこ深くてけっこう広い     ちょいかじおじさんの趣味なはなし
最新トラックバック
検索フォーム
しゅてきなブログばっか!!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示